賃貸一戸建てなら周囲の音に悩まされない

賃貸物件へ住んだことがある人ならば、集合住宅でありがちな騒音問題に悩まされた経験があるはずです。特に上下階で発生する生活音については、壁と床が隣同士で接しているために音がある程度伝わってしまうことは珍しくありません。そして、中には管理会社を通して騒音に対する苦情を申し出ることがあり、目立つ生活音を出していないにも関わらず嫌な思いをしがちです。実は、集合住宅では生活音の伝わり方は必ずしも直接とは限らず、上の階の騒音だと思っていたら斜め上の部屋からだったという場合があります。賃貸一戸建てならば隣近所とは壁がくっついていないので、直接生活音が五月蝿いと感じるほど強く響かないメリットがあるわけです。このため、一度集合住宅での騒音に悩まされた人ほど、賃貸一戸建てを探す傾向があります。

DIY可能な賃貸一戸建てが狙い目

賃貸一戸建ての中には、両親が亡くなって相続したものの、空室のままでは建物の傷みが激しくなることを防ぐために貸している場合があります。入居者がいれば生活する上で補修が必要な箇所が発生した時点でオーナーへ連絡してくれるので、少なくともひどい雨漏りが発生して壁の中が黒カビだらけという状態には陥りません。なぜなら、生活する上で問題があると思ったままオーナーへ連絡しないことは、快適な生活を送れなくなるからです。そして、中にはある程度DIYしても可能という条件で賃貸一戸建てを貸している物件があります。DIY可能な範囲を予め明示することにより、何もしない状態よりも入居者が快適な一戸建てを常に保ってくれるというメリットがオーナーにはあります。