家賃を抑えることができる

アパートは木造、軽量鉄骨造といった構造の建物で、建築コストや素材コストが抑えられています。さらに2階もしくは3階建てでエレベーターもついていないため、設備費もあまりかかりません。そのため家賃や管理費が安い傾向にあり、住まいにあまりお金をかけたくない人には賃貸アパートが向いているといえるでしょう。さらに東京23区のような都会に住みたいけど、どうしても家賃の面で厳しいという人も、賃貸アパートであれば新築でも6万円や7万円といった家賃で住むことも可能です。さらに古くなれば3万円や4万円といった物件も存在するため、新築にはこだわらない、古くても気にならないといった人には、さらにリーズナブルに住むことができるといえます。

マンションより立地が良くて広い部屋に住める

賃貸アパートはマンションより建物規模が小さいので、比較的駅近のような立地の良い場所にある、さらに部屋の収納が広いことも多いのが特徴です。賃貸物件だとマンションであっても、収納スペースに満足がいかない場合も多々ありますが、色々物件を探してみるとウォークインクローゼットやロフトといった収納スペースがある賃貸アパートもあります。そのため、タンスや収納家具で部屋が狭くなる心配もないですし、新たに家具を買う必要もありません。また最近ではアパートでもデザイナー物件といったおしゃれなものや、築年数が古くてもフルリノベーション済みであれば、家賃を抑えつつもマンションや新築アパートに負けないような、高機能できれいなお部屋に住むことも可能です。